月別アーカイブ: 2021年5月

老化の原因はほぼ紫外線!

肌悩みと言っても人それぞれにいろいろありますよね。
しみ、しわ、たるみ、乾燥、毛穴などなど。
しかしその悩みを作っているほとんどの原因は紫外線です。

http://www.elcaminodelsantogrial.com/

紫外線というと日焼けをしてシミが出来ると思う方はとても多いでしょう。
では、しわやたるみ、乾燥などは?

紫外線にはUV-A、UV-Bと種類がありUV-Aは曇りの日でも降り注ぎ肌内部まで入り込みコラーゲンなどを破壊し、しわやたるみをつくります。

日焼け止めをつけている人とつけていない人、同じ年齢だったとしても日焼け止めをしっかりしてる人の方が若々しい肌をしているはずです!

もちろん日々のスキンケアも大事ですので、
丁寧なクレンジング洗顔をすること。
化粧水や乳液をつける時も力を入れずに、決して肌をこすらないこと。
その少しの意識を毎日、365日続けること。
特に気になる肌悩みがある場合はそれに特化した美容液やクリームなど使うのも近道かもしれませんね。

紫外線の強まる春から夏、乾燥が深刻になる冬、季節に合わせたお手入れも意識していくとよいでしょう。

基本ケアに個々の悩みに合わせたアイテムを使うこと、それとともにしっかり睡眠をとること、年齢とともに現象してしまうコラーゲンやヒアルロン酸などはサプリメントで補うのも有効な手段です。

もう年だからしょうがないなどと諦めてしまうのはもったいないです。
出来ることからはじめていくつになってもキレイでいたいものですね。

バストが大きくて目立つのが嫌でたまりません。

小学校の高学年くらいからバストが大きくなり、中学、高校とずっと学校でも男子にじろじろ見られるのが苦痛でした。サイズの小さいブラジャーを無理に着用し、少しでも小さく見せようとしていましたが、それでも目立って本当に嫌でした。http://accountinghorizons.org/

バストが小さい人は、手術をしたり、パットを入れたり色々簡単に方法があるのに、大きいバストを小さくするのは簡単ではありません。そのせいて、男関係が派手なんだろう、とか、男性からもてようとしている、とか、はたまたわざと見せびらかしているとか、陰で心無いことを言われて悩んだ時期もあります。可愛い洋服を着たくても、胸のサイズが合わなくて買えなかったり、夏にはTシャツも大きいものしか切れなかったり。いつもダぼっとしたバストの目立たない洋服しか選べません。

ある時、本当にコンプレックスで思い切って美容整形へ相談に行ったことがあります。手術で小さくしようと思いました。でもあまりの金額におののいてしまいました。両方の胸を小さくしようとしたら80万円ほどかかると言われたのです。さすがにそんなお金は無く。泣く泣くあきらめました。良現在は大きさはそのままで、両バストともに年相応に下にさがって、お風呂上がりに鏡を見るのが本当に悲しいです。