月別アーカイブ: 2021年4月

歯並びが悪い故の口臭

私は顎が小さく、歯並びが悪いです。

キラハクレンズの効果は評判以上!私の口コミと体験談まとめ!

乱杭歯と呼ばれるそうですが、そのためか歯ブラシで磨けない歯があります。歯と歯の間に隙間もあるので、ものもよく歯の間に挟まります。

そのような状態なので、口内環境は最悪です。

初めて自分の口臭に気付かされたのは、小学生の頃でした。よく一緒にいた男の子が、話している私の口を見ながら「○○ちゃん口臭いよ?!」と言ったのです。

自分の口が臭いなんて思ってもみなかった私、しかも何人かの前で言われたのでその恥ずかしさといったらありませんでした。

歯磨きは人並みにしていたと思うのですが、指摘されるほどの口臭があったということにとても驚きました。

それからは人と話すたびに、自分の口は臭っていないのかといちいち気になり、人と近くで話すことが怖くなってしまいました。

矯正もしてみたい気持ちもあったのですが、高額なので諦めて今に至ります。

今では食後の歯磨きは念入りにするようになりましたし、大きく口をあけて笑うとき手で口を覆うようになりました。消臭タブレットも必ず持ち歩いています。口臭は他人に不快感を与えてしまうものだと思うので、出来るだけ気をつけています。

自分の口が臭うというのは、かなりショックな出来事ですので最低限のエチケットとして今後も気をつけていきたいです。

“サバ”で痩せる?2ヶ月でマイナス6㎏に成功した体験談

ある日テレビを見ていると、「サバ漁師の奥さんは痩せている」という特集が。

サバの油にはオメガ3という不飽和脂肪酸が含まれており、この油が体脂肪の減少に効果を発揮してくれるそうなんです。

魚の中でサバが一番好きな私は「これだ!」と立ち上がり、次の日からサバを中心とした食事を始めました。

一日のメニュー例としては以下のようなものです。

朝:サバの塩焼き定食(サバの塩焼き・白米・味噌汁)

昼:サバ缶とオリーブオイルのパスタ

夜:サバとミニトマトのチーズ焼き&白米

見ていただいてもわかるように、がっつり炭水化物も食べてます(笑)

更にデザートにプリンを食べたりチョコレートを食べたりもしてました。

プレミアムスリムスキニーレギンス

ひとつだけ決めたルールは、継続できるように無理はしない事!

・夜に友達と食事の約束があれば朝昼のどちらかを”サバ食にする”

・調理は缶詰や電子レンジを使って時短、簡単にする。

など、サバ自体が嫌いにならないように、ダイエットが嫌にならないように気をつけました。

また、意外と和食以外にも合うという事がわかり、バリエーションも増やすことができて飽きずに過ごせたんです。

初めのうちはあまり体重が減らなくて「効果がないのかなー?」と思っていたんですが、1ヶ月過ぎた頃から2kg→3kgと急に落ち始めました。

私の場合、最初の1ヶ月は朝食にほぼ毎日サバ定食を食べてました。

グリルで焼いた焼きたてのサバは油が適度に落ちて本当に美味しくて自然とハマっていたので(笑)

そのサバ定食の味噌汁を野菜スープに変えたところ、更に体重が落ちていきました。

この組み合わせも功を奏したのではないかと思っています。

そんなこんなで食事をサバ中心に変えただけでわずか2ヶ月でマイナス6kgに成功したのでした。

運動も特にしなかったし食事の量を減らさず美味しく楽しくダイエットできたので本当にオススメです。

皆さんも是非試してみてください。

「二十歳はお肌の曲がり角」は本当なのか?

皆さん一度は「二十歳(ハタチ)はお肌の曲がり角」というフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか?
現在はギリギリ20代の私も、曲がり角が「20歳」かどうかは別として、これは事実ではないかと認識しています。

http://cepisecompetencebenchmark.org/

ちなみに私の体感では、23歳あたりだったように思いますが、皆さんはいかがでしょうか。
最近は、涙袋のあたりの「しわ」や「ほうれい線」が若干気になるお年頃です。

今では考えられないのですが、思い出せば洗顔後に化粧水さえつけていなかった10代の頃・・・
現在は、化粧水と保湿クリームを塗り、肌荒れはしていないのですが、ハリツヤもなくなったように感じます。

そこでついに手を出したのが「美容パック」です。
「高濃度ヒト幹細胞培養液」配合で、「発酵コラーゲン」や「コエンザイムQ10」なども含まれているそう。
うんうん、何だか聞いたことがある肌に良さそうなワードが並んでいますよね。
これを数日に一度、お風呂の後に使うようになりました。
5~10分と書いてありますが、勿体ないので乾き始めるまでつけています。
付けた後は、あくまで私の感想ですが、心なしか「もっちりすべすべ」しているように感じます。

果たして継続は力なりとなるのか。
はたまた加齢には逆らえないのか。
身をもって検証し、出来ることならば曲がり角を先へ先へと伸ばしていきたいと思います。