スマートフォン便利になったけど

今は、いろいろなものが手軽で便利になってきましたね。便利がゆえに危険も伴うということを、私なりの解釈で書いてみたいと思います。

今、私がこの時代で便利なものは?と問われて、頭に思い浮かぶのはスマートフォン、通称、スマホです。スマホという名の携帯電話は、とても便利でもはや、なんでもできてしまうのではないか?と思ってしまうほどのものになってきました。

テキストや写真やデータを本体にも、外部のSDカードにも保存することができる(機種によってはSDカードが使えないものもある)のですが、保存できる容量も一昔前に比べて格段に増え、より手軽にスマートフォンを扱えるようになってきました。

より身近で便利になってきたスマホ。でもその反面、それが壊れてしまったときの危険性が増してしまうのも避けては通れないところでしょう。手軽に使えるから、記念日や旅行に行ったときなど、たくさん思い出の写真を撮ることが出来ます。

私もそうなのですが、たくさんの思い出の写真が一気に消えてしまったことがあります。それも一度や二度のことではありませんでした。私は頭が真っ白になって、なんとかその写真を復活できないかとショップに駆け込んだり、インターネットで検索したりを必死にやりました。ショップでは「これは機種を変えないとダメですねー」と言われ、検索では方法が見つかったものの、依頼料がとても高く、断念しました。

そんな出来事から学んだことは、大事なものはちゃんとパソコンに移行する。もしくは、印刷する。では、その移したものは絶対に安全なの?と言われたら、絶対安全とは言えないけれど、少なくとも、別のところにもスマートフォンと同じデータ(写真や動画など)があることで、スマートフォンが壊れてデータが消えてしまい、どうすることもできないという最悪の事態を避けることができるため、不安や危険度は半分になることでしょう。

今回は、スマートフォンを例にデータが壊れたときの危険性と対処法を紹介しました。

これを機に私も、スマートフォンやその他の機械もそうですが、それを完全だと思わず、壊れてしまったときのことも頭のスミに置いて付き合っていきたいと思います。