27歳、シミとの対面!

昔から、肌が白く友人や親族から羨ましがられていた私。子供の頃は、夏休み明けに学校へ戻ると真っ黒に焼けた肌をした同級生が大勢いたが、私は相変わらず白いままで、日焼け止めも特にいらない生活を送っていた。確かに皮膚が赤くなり痛い日もあったが、そこまで大変になることもなく、肌トラブルとは無縁の人生を送ってきたのだった。

ヒメルファンデーションを辛口評価!購入して使用した私の口コミ体験談!

しかし、大学を卒業し、就職し、結婚した半年後、ふと鏡の前でいつもの様にメイクをしようとした瞬間であった。
「…………あれ?なにこれ……」
よく見ると、私の目元が黒ずんでいるのだ。しかも1箇所ではない!両目の泣きぼくろあたりに、薄らとではあるが広範囲にわたって黒い模様があるのだ!
私は、この黒い模様が何なのかすぐに分かった。

「これが……シミ……嘘だ……嘘だ……」
今まで、肌が荒れたことがほとんどない私にとって緊急事態並のショックであった。すぐに、メイクポーチに入っているコンシーラーを慣れない手つきで塗りたくる。
その日から数日後、私は大学の先輩で化粧品メーカーに務めている人に急いで電話をした。
「先輩!あの、いきなりシミが出来たんです!どうしたら……」

しかし、先輩からの返事は、実にそっけないものであった。
「シミはいきなりなんて出来ないわよ。」

そう、シミは怪我ではない。長年にわたって、私が肌のケアを疎かにしていたツケが今になって返ってきただけだったのだ。
「シミはね、夏の日差しよりも春の紫外線が1番の大敵なの。曇の日もしっかりケアしなくちゃいけないの。」
先輩は、私がこの年で全く肌ケアをしていないことに呆れながら、27歳のアラサーから始める対策を細かく教えてくれたのだった。
私は声を大にして言いたい。
お肌のケアは、歳をとってからやるものではない!若いからこそ、今すぐにでも始めるべきなのだと……。