肌のくすみの原因と対策

最近肌がくすんできたなと悩んでいる方多いのではないでしょうか。

肌のくすみとは、肌の透明感がなくなりくすんだように見えることをそしていうことが多いです。

しかし一般的に定義はありません。http://www.caicalif.org/

肌のくすみと一言で言ってもいくつかの種類があり、ゲイにあったセルフケアが必要とされています。

原因①乾燥によるもの

肌がグレーがかったように見えるような人や、白い粉をふいたように見える人は要注意です。

このタイプの対策としては、部屋をしっかりと加湿すること外的な乾燥から肌を守ります。

また化粧水をたっぷりつけ肌に潤いを与え、乳液等を使いしっかりと蓋をして内側からうるおいが逃げないように気をつけます。

原因②メラニン色素によるくすみ

紫外線や摩擦を受けると肌はメラニン色素を出します。

このメラニン色素を排出することができず肌に沈着することによりくすみとなって現れます。

肌が茶色っぽく見える人、屋外で過ごす時間が多い人などは要注意です。

対策として紫外線を浴びないようにしっかりとUVケアをすることや、洗顔する際に摩擦を起こさないように優しく丁寧に洗うことを心がけましょう。

原因③血行不良によるくすみ

疲れやストレス、家などによる血液の循環が滞ることによって起こるくすみです。

このタイプの人は青黒い肌に見えたり、夏場であっても手足が冷えているなど特徴があります。

対策として、定期的に体を動かすことやゆっくりとお風呂につかることで血行を良くしましょう。また内側からの冷えには根菜類を食べることが効果的と言われています。

原因④角質によるくすみ

年齢が上がるにつれてターンオーバーの速度はゆっくりになります。

本来ならばはがれるべき角質が厚くなることでくすみとなって現れてきます。

肌のターンオーバーは睡眠時の成長ホルモンが関係するので、夜は暗く朝は朝日を浴びてメリハリのある睡眠環境を作りしっかりと体を休めるよう心がけましょう。

またバランスの良い食事を心がけ体の内側からしっかりとターンオーバーを助けます。