「二十歳はお肌の曲がり角」は本当なのか?

皆さん一度は「二十歳(ハタチ)はお肌の曲がり角」というフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか?
現在はギリギリ20代の私も、曲がり角が「20歳」かどうかは別として、これは事実ではないかと認識しています。

http://cepisecompetencebenchmark.org/

ちなみに私の体感では、23歳あたりだったように思いますが、皆さんはいかがでしょうか。
最近は、涙袋のあたりの「しわ」や「ほうれい線」が若干気になるお年頃です。

今では考えられないのですが、思い出せば洗顔後に化粧水さえつけていなかった10代の頃・・・
現在は、化粧水と保湿クリームを塗り、肌荒れはしていないのですが、ハリツヤもなくなったように感じます。

そこでついに手を出したのが「美容パック」です。
「高濃度ヒト幹細胞培養液」配合で、「発酵コラーゲン」や「コエンザイムQ10」なども含まれているそう。
うんうん、何だか聞いたことがある肌に良さそうなワードが並んでいますよね。
これを数日に一度、お風呂の後に使うようになりました。
5~10分と書いてありますが、勿体ないので乾き始めるまでつけています。
付けた後は、あくまで私の感想ですが、心なしか「もっちりすべすべ」しているように感じます。

果たして継続は力なりとなるのか。
はたまた加齢には逆らえないのか。
身をもって検証し、出来ることならば曲がり角を先へ先へと伸ばしていきたいと思います。