あきらめないで!たるみ、ほうれい線のセルフケア

加齢と共に気になりだしてくる「たるみ」フェイスライン全体、ほうれい線、頬、こうした輪郭をイメージする部位にメリハリがなくなると、太って見えてしまったり、顔全体に重さを感じたりすることも。なのに、エステなんてしている暇がないから、結局ケアしても元の木阿弥だから無理!なんてあきらめていませんか?そんな風に考えるなんてもったいないことという理由をご紹介します。

ラントゥルースの効果

夜の入浴時間、朝の洗顔時間にフェイシャルトリートメントケアを行うことにより、ケアしない状態のたるみが改善されるのです。その理由は、顔にもリンパ、血液などが循環しています。この体液の流れが滞ってしまうことにより顔にむくみが出てしまうのです。重力に従い、下へ下へと落ちていくと、見た目にもたるみとして目立ちやすくなります。フェイシャルトリートメントでリンパの流れをスムーズにすれば、本来持つ顔の大きさ、輪郭が手に入るのです。

表情筋に合わせたいろいろなケア方を試してみましょう。例えばフェイスライン、口周辺、目の周辺と人によって気になる部位も状態も違います。気になる部位を念入りに時間を要してトリートメントしてくといいのです。特にフェイスラインの引き上げには、自分の指でタッピングしていくとキュと引き締まります。

毎日少しずつ継続していくことにより、良い状態が維持できるようになります。年齢に関係なく諦めずに取り組んでいきましょう。